木造の建物が蓄えているCO2量は? 脱炭素の効果を表示

林野庁は、木造の建物が二酸化炭素に換算してどれぐらいの炭素を蓄えているのか表示できる指針をまとめました。
温暖化対策として木造建築を増やすねらいです。

樹木は成長の過程で大気中の二酸化炭素を吸収し、炭素として貯蔵しています。建物に木材を利用すれば二酸化炭素を減らすことにつながり、脱炭素に貢献すると期待されています。

林野庁は木造の建物が二酸化炭素に換算してどれぐらいの炭素を蓄えているのか、簡単に計算して表示できる指針をまとめました。

国としては建物の所有者が看板やパンフレットに表示することで消費者の理解が広がり、木造建築を増やし温暖化対策をはかるねらいがあります。

東京 銀座で建設が進む木造の12階建てのビルでは、柱や「はり」など建物の骨組み部分の2割ほどで合わせて300立方メートルの木材が使われています。

建設した会社によりますと、今回の指針に当てはめればおよそ190トンの二酸化炭素を蓄えている計算になるということです。

これは、およそ70世帯が1年間に排出する二酸化炭素の量と同じです。

竹中工務店の松崎裕之参与は「指針によって脱炭素の効果を量的に示すことができるようになるので、さらに木造建築が増えるのではないか」と話していました。