交通事故時の運転情報記録装置「EDR」 新型車の設置義務化へ

交通事故の原因を詳しく調べるため、国土交通省は、乗用車にアクセルやブレーキの操作状況や速度の変化などを記録する装置を、来年7月以降の新型車に設置するよう義務づけることになりました。

来年7月以降に設置が義務づけられるのは、交通事故が起きた際に運転情報を計測し記録する「EDR」という装置です。

乗用車や総重量が3.5トン以下の貨物車のうち、来年7月以降の新型車が設置の対象となります。

新型車とは別に、すでにあるモデルの新車についても、令和8年7月以降に生産されるものから適用されます。

ドライブレコーダーが映像と音声を記録するのに対し、EDRは、
▽事故の5秒前から0.5秒ごとの、速度やアクセルペダルの踏み込み具合、ブレーキペダルの踏み込みの有無のほか、
▽事故1秒前のシートベルト着用、
▽事故後の速度の変化状況などを、
数値などで記録します。

交通事故では当事者の言い分が食い違うことが多く、国土交通省はEDRの設置によって、事故の原因を詳しく調べて責任を明確化するとともに、安全対策を推進したい考えです。