読売新聞元記者を懲戒解雇処分に 取材情報を他社記者に漏えい

読売新聞の社会部に所属していた32歳の元記者が、取材で得た情報を他社の記者に繰り返し漏らしたなどとして、読売新聞は懲戒解雇の処分にすることを決めました。

懲戒解雇の処分になるのは、読売新聞東京本社の社会部で検察庁の取材を担当し、現在は人事部付の藤井亮 元記者(32)です。

読売新聞によりますと、去年8月から12月にかけて週刊誌の女性記者ら3人に対し、自分や同僚記者が取材で得た検察庁内部のセクハラ疑惑の内容や、東京地検が手がける事件の捜査の見通しなどを、合わせて11回漏らし、このうち週刊誌の女性記者には不適切な関係を迫ったということです。

また、私的な飲食やタクシーの代金合わせて11万円余りを経費として申請していました。

このほか、情報漏えいについて報告を怠っていた前社会部長を出勤停止10日、編集局総務をけん責とします。

読売新聞東京本社の前木理一郎編集局長は「取材情報の漏えいは記者倫理に反し決して許されず、悪質な行為で取材先の信頼を裏切り報道機関としての信用を損ねたことをおわびします」などとコメントしています。