株価 小幅に値下がり 中国経済の先行きへの警戒感から

30日の東京株式市場、中国経済の先行きへの警戒感から、株価は小幅に値下がりしました。

日経平均株価、30日の終値は、前日より91円63銭安い、2万9452円66銭。

東証株価指数=トピックスは、8.13下がって2030.16。

1日の出来高は、15億5125万株でした。

市場関係者は「中国経済の先行きに対する警戒感から売り注文が出る一方、値下がりした銘柄を買い戻す動きもあり、下落幅は大きくならなかった。市場では日本時間の30日夜、アメリカで発表される、新規失業保険の申請件数が注目されている」と話しています。