台風16号 備えはきょう日中のうちに あす伊豆諸島にかなり接近

大型で非常に強い台風16号は、10月1日の明け方以降、非常に強い勢力で伊豆諸島にかなり近づく見込みです。

伊豆諸島では猛烈な風が吹く大荒れの天気となるほか、関東や東海、東北などでも暴風や大雨のおそれがあります。

備えは30日の日中のうちに済ませるようにしてください。

勢力あまり落とさず伊豆諸島に接近へ

気象庁によりますと、大型で非常に強い台風16号は、30日の午後3時には日本の南の海上を1時間に30キロと速度をさらにあげて北北東へ進んでいます。

中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで中心から半径280キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

小笠原諸島ではしだいに風が強まっているほか、北日本付近の前線に向かって湿った空気が流れ込んでいるため、北海道でも風が強く、雨雲がかかり続けています。

台風は今後も北東へ進み、10月1日の明け方から昼すぎにかけて非常に強い勢力で伊豆諸島にかなり近づく見込みです。

“大型” “非常に強い” 暴風高波に警戒を

強風域が広い「大型」の台風のため、台風が接近する前から各地で風が強まることに加え「非常に強い」勢力のため、近づくと急激に風が強まるおそれがあります。

伊豆諸島ではしだいに風が強まり、30日夜には非常に強く吹く見込みです。

台風の接近でさらに強まり、10月1日に予想される最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルと猛烈な風が吹くおそれがあります。

気象庁は一部の電柱が倒れるような被害が出るおそれもあるとして、30日夜以降は外出は控えるなど暴風に厳重に警戒するよう呼びかけています。

関東や東北、東海でも沿岸部を中心に非常に強い風が吹くおそれがあり警戒が必要です。

10月1日の最大風速は、
▽関東と東海で25メートル、
▽東北で20メートルで、
最大瞬間風速は30メートルから35メートルと予想されています。

関東の沿岸部などでは交通機関に影響が出るおそれがあり、最新の情報に注意してください。

波も高く、10月1日は、
▽伊豆諸島で11メートルの猛烈なしけとなるほか、
▽関東と小笠原諸島で8メートル、
▽東海で7メートル、
▽近畿と東北で6メートルの大しけが予想されています。

特に伊豆諸島は高波に厳重に警戒し、必要な作業は早めに終えて海岸には近づかないようにしてください。

伊豆諸島 2日で1か月分雨量も 警戒を

大雨にも警戒が必要です。

伊豆諸島では30日夜以降雨が強まり、非常に激しい雨が降る見込みです。

また、10月1日は、東日本と北日本の太平洋側でも激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。

10月1日の昼までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、
▽伊豆諸島で300ミリ、
▽関東と東海で150ミリと予想され、
その後、2日昼までに、
▽伊豆諸島と関東、東北で50ミリから100ミリの雨が降ると予想されています。

伊豆諸島では2日間の予想雨量が300ミリから400ミリと平年の9月や10月の1か月分の雨量に達する可能性もあります。

中心から離れても被害のおそれ 日中に対策を

今回の台風は中心から離れていても大雨や暴風の被害が出るおそれがあります。

ハザードマップで自宅周辺の災害のリスクや避難方法を確認するとともに、風で飛ばされやすいものは室内にしまうなど、備えは30日の日中のうちに終えるようにしてください。予定の変更や見直しも、重要な対策です。

加藤官房長官「暴風に厳重に警戒を」

加藤官房長官は午後の記者会見で「政府としては、警察、消防、自衛隊、海上保安庁を中心に関係省庁間の緊密な連携と情報収集態勢の強化、部隊の待機など、災害発生時の人命救助に即応できる態勢を確保し、緊張感を持って対応にあたっている」と述べました。

そのうえで「台風の接近が予想される地域では、地方自治体や気象台から発表される避難情報や最新の気象情報を聞いて、暴風や高波、高潮、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒していただきたい。特に伊豆諸島では不要不急の外出を避けるなど、暴風に厳重に警戒し、必要に応じて早め早めの避難による安全確保を、きょうの明るいうちに行っていただくなど十分な備えをお願いしたい」と呼びかけました。