北海道~関東の広い範囲で震度3 専門家「異常震域という現象」

29日午後5時半すぎ、日本海中部の非常に深い場所を震源とする地震があり、北海道や東北、関東で震度3の揺れを観測したほか、北日本と東日本の太平洋側を中心とする広い範囲で揺れを観測しました。
専門家は、震源が非常に深かったため、震源から離れた広い範囲で揺れが観測される「異常震域」と呼ばれる現象だとしています。

気象庁によりますと29日午後5時37分ごろ、日本海中部の深さ400キロを震源とするマグニチュード6.1の地震があり、
▽震度3の揺れを
北海道 幕別町・浦幌町
青森県 階上町
岩手県 普代村
福島県 いわき市と広野町
茨城県 日立市、
埼玉県 宮代町で観測しました。

また、
▽震度2と1の揺れを北海道と東北、関東甲信越、石川県、それに静岡県の非常に広い範囲で観測しました。

この地震による津波はありませんでした。

今回の地震の震源は日本海側の非常に深い場所でしたが、揺れが観測されたのは震源からは遠く離れた太平洋側が中心でした。

専門家「“異常震域”という現象」

これについて、地震のメカニズムに詳しい東京大学地震研究所の古村孝志教授は「太平洋の東から日本列島の下に向かって沈み込んでいる『太平洋プレート』の深い場所で起きた地震だとみられる。地震の揺れが、沈み込んでいるプレートの内部を伝わったため、震源から遠く離れた太平洋側を中心に揺れたとみられる。このように震源から離れた地域に震度分布が広がることは“異常震域”という現象だ」と指摘しています。

そのうえで「“異常震域”の場合、地震波の伝わり方によって、揺れが長くなりやすく小刻みな揺れになるので人が感じやすい特徴がある」と話していました。