劇画家のさいとう・たかをさん死去 84歳 ゴルゴ13などで人気

寡黙なスナイパーが活躍する「ゴルゴ13」などで、大人の鑑賞に堪えうる「劇画」の分野を確立した、さいとう・たかをさんが、9月24日にすい臓がんのため亡くなりました。84歳でした。

和歌山県で生まれたさいとうさんは、家業の理髪店を手伝いながら映画や手塚治虫などの影響で漫画を描き始め、1955年に「空気男爵」で漫画家としてデビューします。

登場人物や背景をリアルに描くことにこだわって、当時の漫画とは一線を画した「劇画」という新たなジャンルを確立し、みずからを「劇画家」と名乗って、大地震後の世界を生き抜く少年の姿を描いた「サバイバル」や、池波正太郎の小説を原作とする「鬼平犯科帳」といった作品を生み出しました。

また、国籍、年齢、本名、すべてが不明で「デューク東郷」と呼ばれることもある寡黙なスナイパーの活躍を描いた「ゴルゴ13」は、1968年から半世紀以上にわたって雑誌の連載を続けてきました。

「ゴルゴ13」には、東西冷戦をはじめ、テロや民族紛争など、最新の国際情勢がテーマとして取り入れられ、ビジネスマンや政治家などからも、大きな人気を集めました。

そして、ことし7月には単行本の201巻が刊行され「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の記録を上回り、世界で最も発行巻数が多い漫画のシリーズとして「ギネス世界記録」に認定されました。
さいとうさんは、いち早くプロダクションを設立して、脚本や作画を分業する仕組みを作るなど、新しい劇画制作の仕組みを確立し、こうした取り組みが半世紀以上にわたって古びることのない作品づくりにつながりました。

長年の功績が評価され、2003年には紫綬褒章を、2010年には旭日小綬章を受章しています。

小学館によりますと、さいとうさんは、9月24日に東京都内で、すい臓がんのため亡くなったということです。

葬儀は親族のみで執り行われたということで、お別れの会の開催は、今後の状況を踏まえて検討するということです。

ちばてつやさん「日本の漫画劇画文化を育んだのは彼の功績」

親交のあった漫画家のちばてつやさんは「『劇画』というマンガの一(いち)ジャンルを創生し、日本の漫画劇画文化をここまで大きく育んだのは、疑う余地なく彼の功績です。これほどの作家を失った漫画界の喪失感は計り知れませんが『たかをちゃん』が心から信頼して制作を共にしてきた、さいとうプロの優秀なスタッフさんたちが『さいとう・たかをの世界』をこれからも引き継いでくれると信じています」などとコメントしました。

松本零士さん「大きな、揺るぎない存在」

漫画家の松本零士さんは「さいとうたかを氏の突然のご訃報に接し、たいへん驚き、悲しんでおります。さいとう氏は私の漫画人生にとって、大きな、揺るぎない存在でした。ジャンルは違えど、長い年月、同じ時代を共に漫画を描いてきた同志であります。遠く時の輪の接するところで、また逢えることを信じて。謹んでお悔やみを申し上げますと共に、心よりご冥福をお祈り申し上げます。まずはゆっくり休んでください」というコメントを寄せています。

少年時代を過ごした大阪 堺との絆

さいとう・たかをさんは大阪 堺市で少年時代を過ごし、ゴルゴ13に登場する「デューク東郷」の名前の由来について、堺市の広報のインタビューの中で中学校で、担任だった先生の名前を借りたと明かしていました。

2012年からは「堺名誉大使」を務め、市はさいとうさんの協力を得て、新型コロナウイルスの感染拡大防止などを市民に呼びかけるのぼり旗やポスターを制作しました。

ことし5月につくられたポスターでは、マスクを着用した「デューク東郷」が「ウイルスを封じ込めたければとにかくマスクをつけることだ…」と鋭い目で語りかけています。

また、さいとうさんは堺市立中央図書館に「ゴルゴ13」や「サバイバル」など、みずからの作品およそ300冊を寄贈しました。

図書館では新しい作品も買い足して所蔵しているほか、さいとうさん直筆の色紙も保管しています。

堺市立中央図書館総務課の白川咲子さんは「訃報を知って大変驚きました。さいとうさんの作品は幅広い年代に人気があるので、大変残念です」と話していました。

堺市立中央図書館では今後、さいとうさんの作品や直筆の色紙を展示することなどを検討しています。

堺市の永藤英機市長は「さいとうさんは堺市にとても熱い思いを持ち、堺の魅力発信に多大な尽力を頂きました。私自身も大ファンで、悲しく、残念でなりません」というコメントを出しました。

“ゴルゴ教授”土岐氏「ゴルゴは不死身」

ゴルゴ13の大ファンで、その魅力を分析した著作などから「ゴルゴ教授」とも呼ばれる、大東文化大学の土岐寛名誉教授は、さいとうさんの死去について「最近までテレビで元気な姿を見ていただけに、驚きました。これだけの長い間、作品を提供してくれたことに、お疲れさまでしたと言いたい」と話しました。

また、ゴルゴ13の魅力については「準備を万端に整え、仕事を完璧にこなしながらも多くを語らないというキャラクター設定が、武士道精神にも通じ、とても魅力的でした。さいとう先生は亡くなりましたが、ゴルゴは不死身です。連載は続くということなので、これからも期待しています」と話しています。

麻生副総理「惜しい人が亡くなった」

ゴルゴ13を愛読している麻生副総理兼財務大臣は、29日夜、財務省内で記者団に対し「1989年に冷戦が終わったあと、ゴルゴ13は終わると思ったがずっと続いている。別のインターナショナルな話題を続けているのは、なかなかなものだ。惜しい人が亡くなったというのが正直なところだ。残念な気がする」と述べました。

加藤官房長官「政府広報などにもお力添えいただいた」

加藤官房長官は午後の記者会見で「写実的で緊張感のある描写で劇画というジャンルを作り上げた功績は大だ。政府としても、いろいろとご協力をいただき、直近では、新型コロナウイルスのワクチン接種を促すため『ゴルゴ13』の一場面のパネルを作成し、東京と大阪の大規模接種センターの入り口にも貼らせていただいた。漫画家として、すぐれた功績を残され、政府広報を含め、国民の安全安心のためにも、いろいろとお力添えをいただいてきた。心から哀悼の意を表したい」と述べました。