コンゴ民主共和国で仕事の見返りに性的関係強要 29人妊娠 WHO

WHO=世界保健機関の独立調査委員会は、アフリカのコンゴ民主共和国で、WHOのスタッフが地元の人たちに仕事を与える見返りに性的な関係を強要していたなどとする調査結果をまとめ、テドロス事務局長は、謝罪するとともに、再発防止に全力を尽くす考えを示しました。

WHOは、コンゴ民主共和国でエボラ出血熱の対応にあたっていた複数のスタッフが、2018年から去年にかけて地元の女性などに対し性的な関係を強要していたと報道されたことから、独立した委員会を設置し調査してきました。

委員会は、被害を訴えた13歳から43歳までの地元の男女75人から聞き取りを行い、28日、調査結果をまとめた報告書を発表しました。

それによりますと、WHOの支援活動に関わった83人が、こうした人たちに仕事を与える見返りに性的な関係を強要するなどして、合わせて29人の女性を妊娠させたということです。

中には、性的暴行を受けた13歳の少女が妊娠したケースもあったということです。

加害者のうち21人は、WHOに直接雇用されたスタッフで、多くはコンゴ民主共和国出身者だったということです。

テドロス事務局長「申し訳なく思う 組織の全面的な改革必要」

記者会見したテドロス事務局長は「被害者に対して起きたこと、今も続く苦しみを申し訳なく思う」と謝罪するとともに「組織の全面的な改革が必要だ」と述べ、再発防止に全力を尽くす考えを示しました。