岸防衛相 体調不良で公務取りやめ 北朝鮮対応は“影響なし”

岸防衛大臣は、体調不良のため、28日の公務を取りやめることになりました。北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことへの対応について防衛省は、電話などで連絡を取れる状態にあり、影響はないとしています。

防衛省によりますと、岸防衛大臣は27日夜、発熱の症状があったため、28日都内の病院で検査と治療を受けたところ、尿路感染症と診断されたということです。

現在は平熱に戻っているということですが、大事をとって療養するため、閣議を含めた28日の公務を取りやめるということです。

一方、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことへの対応について、防衛省は「随時、電話などで連絡を取れる状態にあり、必要な指示は岸大臣から出されている」として、影響はないとしています。