ビジネス

NTT社長「認識が甘かった」 デジタル庁幹部への接待で謝罪

NTTの澤田純社長は、デジタル庁の幹部に対し過去に国家公務員の倫理規程に違反する接待を行っていたことについて「認識が甘かった」として謝罪しました。
NTTの澤田社長は28日の会見で、デジタル庁の幹部への接待について「認識が甘く持ち株会社のNTTは利害関係がないので会食をしてしまった。迷惑をかけ大変申し訳ない」として謝罪しました。

接待をめぐってはデジタル庁の幹部が内閣官房のイノベーション総括官を務めていた去年、NTTから3回接待を受け、国家公務員の倫理規程に違反するとして減給の懲戒処分を受けていて、このうち2回は平井デジタル大臣も同席していたということです。

会見で澤田社長はみずからも2回の接待に同席していたと明らかにし「会食をしたレストランは子会社化しているのでコストはそれほど高くないという認識だったが、よくなかったと反省している」と述べたうえで今後、接待が行われたレストランを閉鎖する考えを示しました。

NTTをめぐっては総務省幹部への接待も問題となったことから、会社ではことし6月に再発防止策として
▽利害関係のある政務三役や公務員との個別の会食は原則、実施しないことや
▽これに違反した場合は罰則を科すなどの
新たな規程を設けています。

最新の主要ニュース7本

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

特集

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

News Up

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

スペシャルコンテンツ

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

ソーシャルランキング

一覧

この2時間のツイートが多い記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

アクセスランキング

一覧

この24時間に多く読まれている記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。