横綱審議委員会 優勝の照ノ富士を高く評価「心がけ実った」

大相撲の横綱審議委員会は定例の会合を開き、秋場所で新横綱として優勝を果たした照ノ富士について「新横綱として立派に土俵を務めて優勝した。日頃の心がけが実った」と高く評価しました。

横綱審議委員会は、27日夕方、東京 両国の国技館で日本相撲協会の八角理事長から秋場所の力士の戦いぶりなどについて報告を受けました。

秋場所は、新横綱として臨んだ照ノ富士が初日から8連勝するなど力強く落ち着いた相撲で白星を重ね、13勝2敗の成績で、2場所ぶり5回目の優勝を果たしました。

会合のあと記者会見した矢野弘典委員長は、照ノ富士について「新横綱として立派に土俵を務め、しかも優勝、日頃の心がけが実ったと高く評価できる。品格と強さ併せ持つ横綱として精進し、土俵の内、外問わず、模範となる力士になってほしい」と高く評価しました。

一方で、横綱 白鵬の引退が決まれば一人横綱になることから「番付上も一人横綱ということになれば、次に横綱になる人が出て来てほしいという声も出た。大関以下の役力士に本当に奮起してほしいし、横綱に肉薄してほしい」と大関以下の力士に奮起を促していました。