プロ野球 セ・リーグ首位ヤクルト 引き分け挟み10年ぶり8連勝

プロ野球は6試合が行われ、セ・リーグで首位のヤクルトは、中日に大勝し、引き分けを挟んで10年ぶりの8連勝としました。

セ・リーグ

▽ヤクルト対中日は、ヤクルトが16対0で勝ちました。

ヤクルトは1回、村上選手のリーグトップに並ぶ38号ツーランで先制し、3回は山田選手の30号満塁ホームランでリードを広げました。
その後も、山田選手がこの試合2本目のホームランとなる31号ツーランを打つなど、先発全員安打で今シーズン最多の16点を奪いました。
先発した石川投手は6回無失点で4勝目。中日は3試合連続で無得点に終わりました。
ヤクルトは引き分けを挟んで10年ぶりの8連勝です。

▽巨人対阪神は、阪神が4対3で勝ちました。

阪神は3回、大山選手の17号ソロで先制し、5回は満塁から糸井選手の走者一掃のタイムリーツーベースで追加点を挙げました。
先発のガンケル投手は、6回1失点で8勝目です。巨人は打線が追い上げましたが及ばす、自力優勝の可能性が無くなりました。

▽DeNA対広島は、広島が10対8で勝ちました。

広島は6対8の9回、鈴木誠也選手の2点タイムリーで追いつき、さらに菊池涼介選手の2点タイムリーで勝ち越しました。
6人目の菊池保則投手が2勝目、栗林投手は26セーブ目で、広島は3連勝です。
DeNAは抑えの山崎投手が乱調で、6連敗です。

パ・リーグ

▽オリックス対楽天は1対1で引き分けました。

楽天は0対1の9回、茂木選手のタイムリーで追いつき、さらに1アウト二塁三塁と攻めましたが、チャンスを生かせませんでした。
オリックスは7回に、楽天先発の田中将大投手のワイルドピッチで均衡を破りましたが、平野佳寿投手で逃げきれませんでした。

▽ソフトバンク対日本ハムは、ソフトバンクが4対1で勝ちました。

ソフトバンクは1対1の7回、リチャード選手の5号ソロと今宮選手の4号ソロで2点を勝ち越し、8回にもリチャード選手の犠牲フライで1点を加えました。
2人目の松本投手が3勝目、森投手が12セーブ目を挙げ、ソフトバンクは勝率を5割に戻しました。
日本ハムは打線がつながりを欠きました。

▽西武対ロッテは、ロッテが8対4で勝ちました。

ロッテは2対4の5回、佐藤都志也選手の2点タイムリーと藤岡選手のタイムリーで3点を奪って逆転。
7回には、満塁から藤岡選手の走者一掃のタイムリースリーベースでリードを広げました。先発の小島投手は6回4失点で9勝目です。
西武は先発した渡邉投手が、5回途中5失点とふんばれませんでした。