アフガニスタン タリバン 見せしめ“容疑者の遺体”つるす

アフガニスタンで再び権力を握ったイスラム主義勢力タリバンは、犯罪を防ぐための見せしめだとして、誘拐事件の容疑者とする遺体を公衆の前でクレーンでつるしました。
公開処刑などを行っていた旧タリバン政権時代の統治をほうふつとさせる行為に国内外からの懸念が高まりそうです。

アフガニスタンの地元メディアなどによりますと、西部のヘラートで男性とその家族を誘拐し連れ去ろうとしていた4人の男をタリバンの戦闘員が見つけて銃撃し、全員死亡したということです。

4人の遺体は25日、多くの人が集まる市の中心部の広場や交差点に運ばれ、クレーンでつるされました。

現場のタリバンの司令官は「すべての犯罪者に知らしめるために行った」と話し、見せしめだと説明しています。

タリバンは旧政権時代、イスラムの教えを極端に厳しく解釈した統治のもと公開処刑を行ったり、盗みを働いたとする人の手を切断したりするなどして国際社会から非難を受けました。

再び権力を握ったタリバンの暫定政権はイスラムの教えの範囲内で人権に配慮するとしていますが、かつての統治をほうふつとさせる行為に国内外からの懸念が高まりそうです。