巨人 長嶋終身名誉監督がチームを激励

プロ野球・巨人の長嶋茂雄終身名誉監督が東京ドームで行われた阪神戦を観戦し、試合前には優勝争いをしているチームを激励しました。

長嶋さんは25日、阪神戦の観戦のため東京ドームを訪れ、試合前には原辰徳監督と面会してセ・リーグ3位で優勝争いをしているチームを激励しました。

その後、バックネット裏にある関係者用の席で試合の様子を見守りました。

長嶋さんが東京ドームで観戦するのは、中田翔選手が日本ハムから移籍してきた直後の先月22日以来で、今月13日には川崎市のジャイアンツ球場で打撃不振で2軍に降格していた中田選手を指導していました。

長嶋さんは球団を通じて「テレビで毎日、身を乗り出しながら試合を見ています。苦しい形の中でも、ジャイアンツはいい戦いをしていますね。今は3位だけど、まだまだこれから。1994年の10・8決戦みたいになるかもしれません。ことしは最後の最後までわからない。絶対に勝つと信じています」とコメントしています。