立民 平野選対委員長と小沢氏が会談 衆院選“厳しい情勢”

衆議院選挙をめぐり、立憲民主党の平野選挙対策委員長と小沢一郎衆議院議員が会談し、自民党総裁選挙に注目が集まる一方で、野党の支持率は伸び悩み、厳しい情勢にあるとして、各選挙区での活動の強化を図っていくことを確認しました。

会談は24日午後、東京都内でおよそ1時間行われました。

この中で両氏は、自民党総裁選挙に注目が集まる一方で、野党の支持率は伸び悩み、厳しい情勢にあるという認識で一致し、各選挙区での活動の強化を図っていくことを確認しました。

会談のあと、平野氏は記者団に「小沢氏の50年の議員活動の知見と力を、ぜひお貸しいただきたいと、協力をお願いした」と述べました。

また、小沢氏は記者団に「『この選挙を何としても勝ち抜く』という思いは同じで、引き続き対応を話し合っていきたい」と述べました。