鳥取の梨を全国に売り込め! 県が「AKB48」をPR大使に任命

鳥取の梨を全国にPRしてもらおうと、鳥取県は人気アイドルグループ「AKB48」を「とっとりの梨食べ大使」に任命しました。

アイドルグループAKB48の新曲では、歌詞の一部に「梨」と聞こえるフレーズがあり、メンバーが歌詞に合わせて「梨」を持って踊る「梨ダンス」の動画がSNS上で話題となっています。

鳥取県では、この動画で鳥取名産の梨が全国にPRされたとして、アイドルグループを「とっとりの梨食べ大使」に任命することになり、22日、東京都内で任命式が行われました。

この中で平井知事は「この曲を聴いたとき、鳥取の曲だなと思った。鳥取の梨をみんなで盛り上げてもらいたい」とあいさつし、メンバーに任命証を手渡しました。

これに対し、メンバーの小栗有以さんは「グループみんなで鳥取の梨を盛り上げたい」と話していました。

農林水産省の調査では、鳥取県の梨の収穫量は去年、1万500トンと全国6位にまで落ち込んでいて、鳥取県は、新たな栽培方法を導入するなど生産性の向上を目指すほか、こうしたPRを通して鳥取の梨の認知度を高めていきたいとしています。