通信エラー起きにくい光ファイバー新開発 慶応大研究グループ

柔軟性や耐久性が高く、大容量の情報を高速で通信してもエラーが起こらない次世代の光ファイバーの開発に慶應義塾大学の研究グループが成功し、大規模なデータセンターなどでの活用が期待されています。

光ファイバーは映像や音声などの情報を伝送するためのケーブルで、現在はガラス製のものが主流となっていますが、大容量のデータを高速で送る場合、通信エラーが避けられず、それによる通信の遅延や消費電力の増大が課題となっています。

慶應義塾大学の小池康博教授の研究グループは、素材に特殊なプラスチックを使い、光の屈折と散乱の方向を調整することで、通信のエラーを起きにくくする光ファイバーを新たに開発しました。

およそ100メートルまでの長さではエラーがほぼ起きないとしています。

現在、大容量の情報の通信を光ファイバーで行っているデータセンターなどでは、エラーを修正するための専用の装置が必要ですが、この装置がいらなくなると消費電力が大幅に削減されるということです。

新たな光ファイバーは曲げやすく、揺れなどの衝撃にも強いということで、搭載された機器の間で高速で正確な通信が必要になる自動運転の車などにも活用が期待されるとしています。
小池教授は「自動運転や遠隔医療で使われるロボットの操作などでは、通信エラーによる僅かな遅延でも致命的な影響がある。幅広い分野での活用が期待される」と話しています。