立民 枝野代表 緊急事態宣言の扱い “首相は国会報告 出席を”

緊急事態宣言の扱いの決定に先立って行われる国会報告について、立憲民主党の枝野代表は、退任する菅総理大臣には次の政権に引き継ぐ今後の感染対策を説明する責任があるとして、みずから出席するよう求めました。

今月30日に期限となる緊急事態宣言の扱いをめぐっては、政府の方針が決まれば来週28日に政府側からの国会報告と質疑が行われる予定です。

これについて立憲民主党の枝野代表は訪問先の仙台市で記者団に対し、「菅総理大臣が責任者として決めてきたことを最終的にどう引き継ぐのかなどを最後に説明するのは当然だ」と述べ、退任する菅総理大臣には次の政権に引き継ぐ今後の感染対策を説明する責任があるとして、みずから国会報告に出席するよう求めました。

そして宣言を解除する場合には感染の再拡大を防ぐ対策や、再拡大が起きた時に備えた医療提供体制の強化策などについて、十分な議論が必要だという認識を示しました。

一方、枝野氏は水際対策をめぐり、政府がワクチン接種を条件に入国者の宿泊施設での待機の免除を検討していることなどについて、「残念ながら接種した人でも感染している。変異株をこれ以上絶対に国内に入れないという観点からは緩和は全くナンセンスだ」と述べました。