107歳 史上最高齢の双子姉妹 「ギネス世界記録」に認定 香川

香川県小豆島生まれの107歳の双子の姉妹が「きんさんぎんさん」の愛称で親しまれた姉妹を上回る、史上最高齢の双子として「ギネス世界記録」に認定されました。

史上最高齢の双子に認定されたのは、小豆島に住む炭山ウメノさんと大分県に住む兒玉コウメさんの姉妹です。

ギネス世界記録によりますと、2人は11人きょうだいの長女と次女として、大正2年に香川県の小豆島で生まれました。

今月1日時点で、2人は生まれてから107歳300日となり「きんさん ぎんさん」の愛称で親しまれた成田きんさん、蟹江ぎんさん姉妹が持っていた、きんさんが亡くなるまでの107歳175日の長寿記録を上回ったということです。
家族によりますと、2人は年を重ねるにつれ、「きんさん ぎんさん」を目標にしたいと話していたということです。

現在は、ともに介護施設に入所している2人には、新型コロナウイルスの感染予防のため郵送で認定証が送られ、施設の職員から受け取ったウメノさんは涙を浮かべていました。