タリバン暫定政府 国連での演説を申請

アメリカ ニューヨークで行われている国連総会の一般討論演説をめぐり、アフガニスタンで再び権力を握ったイスラム主義勢力タリバンが、暫定政権の幹部による演説を国連に申請したことがわかりました。タリバンは、新しい国連大使の任命も国連に伝えたということで、国際社会に暫定政権の正当性をアピールするねらいがあるとみられます。

ニューヨークの国連本部では、21日から加盟国の首脳や代表による一般討論演説が始まり、アフガニスタンは最終日の27日に演説が予定されています。

これについて、国連の副報道官がNHKの取材に対して明らかにしたところによりますと、アフガニスタンで再び権力を握ったイスラム主義勢力 タリバンが20日、グテーレス事務総長に書簡を送り、暫定政権で外交を担うムッタキ氏による演説を申請したということです。

また、タリバンの幹部で報道を担当するシャヒーン氏を、新しい国連大使に任命したことも伝えたということで、国際社会に暫定政権の正当性をアピールするねらいがあるとみられます。

一方、前のガニ政権が任命し、いまもニューヨークで活動しているイサクザイ国連大使も15日、グテーレス事務総長に書簡を出し、アフガニスタンの代表として申請したということです。

双方の書簡は、国連加盟国の代表を審査する「信任状委員会」に送られ、今後、議論される見通しです。

一般討論演説をめぐっては、27日にアフガニスタンのほか、北朝鮮やミャンマーの演説も予定されていて、発言の内容に関心が集まっています。