“ルールを守ろうと思える”対策って? 自転車事故なくしたい

「わかってはいるんだけど、なかなか守れない…」

自転車が関わる事故では、自転車側に何らかのルール違反があるケースが少なくありません。

被害者にも、加害者にもならないために、どうすれば安全運転を徹底できるのでしょうか?

「きちんとルールを守ろうと思える」そんな対策について考えてみました。

(『1ミリ革命』取材班 / 岡山放送局記者 冨士恵里佳)

事故の多く 自転車側にルール違反も

自転車と車の事故のうち半数以上を占めるのが出会い頭の衝突事故。

警察庁の分析では、自転車側にも約8割に違反がありました。

その中には交差点での一時停止をきちんと守れば、事故を防ぐことのできるケースが多くあります。

斬新なアイデアを求めて 子どもたちに意見募集!

どうすればルールを守ってもらえるか。

これまでの考え方にとらわれない斬新なアイデアを求めて、NHKでは先月、夏休み中の子どもたちに自由にアイデアを出してもらうことにしました。

解決策を一緒に考えたのは、日夜、自由研究に励む、全国1万人の「少年少女発明クラブ」の子どもたちです。

「自転車事故を減らすためのアイデア」を募集したところすぐに全国から反応があり、「速度を落としてもらうための砂利」や「停止したくなる試食コーナー」など、40以上のアイデアが集まりました。

“ありがとう実験”

どのアイデアを実現できるのか、作戦会議です。

(子どもたちの意見)
「カウンターみたいに、一時停止した回数が1、2、3、4って増えていく。『計っています』って表示しておくと、みんな心がけてくれるかな」

「『ありがとうございました』って表示されたら、自分がやったっていう達成感もあるかなと思います」

盛り上がったのは、一時停止の回数を表示することで問題を「自分事」として認識してもらい、さらに、ルールを守った人に感謝の気持ちを伝えるというアイデア。

名付けて「ありがとう作戦」です。

アイデアが固まってきたところで、今度は実験ができる場所を探します。

すると、「子どものアイデアで自転車事故を減らしたい」と静岡市が実験場所に名乗りを挙げてくれました。

静岡駅に近い一時停止の標識のある交差点は、通勤や通学、買い物に急ぐ人の危険運転が多発しているといいます。

私たちが計測したところ、一時停止率は、わずか2%です。

(静岡市自転車のまち推進係 松岡利三朗さん)
「私ども行政をはじめ、ことあるたびに市民にお伝えしているんですが、なかなか止まっていただけません」

実験開始 思わず反応

実験は、交差点の手前にモニターを設置し、画面には「一時停止をした人数」を表示。

停止線の近くに設置したスピーカーから、子どもたちの「感謝の言葉」を流し、実験前と実験後の停止率を比べます。

実験スタートです。

人が来ました、モニターを見ています。

果たして止まってくれるのか…

「止まってくれてありがとうございます」
その声に反応するように、見事、止まってくれました。

(一時停止した自転車ユーザー)
「『何人目です』って人数があって、自分事に思えたので。ふだんなら見過ごして通過していると思うんですけど、こういうふうに書いてあると『止まらないといけない』って思いました」

「やっぱり子どもさんの声ですよね。すごく感じるものありますよね、大人として」

その後も次々と止まる人が出てきました。

停止率は、2%から、12.5%に上昇しました。

まだまだという数字ですが、対策は何事も小さな一歩から。
人々がより良い行動をとれるように、“そっと後押しする”手法を「ナッジ」といいます。

行動経済学が専門の東北学院大学の佐々木周作准教授によりますと、これまでにも「感謝のメッセージ」を示すことでゴミの分別が進むという実験結果も報告されるなど、こうした手法が成果をあげているということです。

「効果の背景には『互酬性』があります。“ありがとう”と先に言われることで、相手によくしてもらっているから“自分もお返ししよう”という気持ちになると考えられます」

今回の実験結果を受けて、市の担当者からは実際に活用する方法も検討したいという意見が出ました。

(静岡市自転車のまち推進係 松岡利三朗さん)
「今まで交通安全の啓発をしてきてなかなか響かなかった部分もあったのですが、こういうやり方もありなんだと気付きました。神出鬼没に、小さな装置で2時間でも3時間でも置くことで、止まるきっかけを体験していただけたら、普段から緊張感を持って交差点に進入する、そんな機運の醸成が図れるのではないかと思いました」

警察官が“愛”をお届け!?

ルールを守って!と声高に呼びかけるのではなく、「ありがとう」という優しい言葉が、人々を良い行動に導く。

実験からそんな対策の形も見えてきました。

取り締まりを行う警察でも、ユニークな取り組みが成果を上げています。

新たな取り組みを始めたのは岡山県警です。

岡山県警が強い危機感を持ったのは去年。県内で自転車を運転中に亡くなった13人が、全員65歳以上のお年寄りだったことがきっかけでした。

岡山県警では、悪質な交通違反の取り締まりを進める一方、比較的軽微な交通マナーを守っていない高齢者を見つけると「愛のお届けカード」という紙を配って注意を呼びかけています。
このカードは当初、歩行中のお年寄りの事故が後をたたなかったことから、信号無視や斜め横断などをしないよう指導するのを目的に導入されました。

死亡事故が相次いだことを受けて、去年から歩行者だけでなく自転車に乗っている人も対象に加え、1年間に過去最多の5350枚を配りました。
(岡山県警察本部交通企画課 柳澤宏道 課長補佐)
「以前は『警告書』と書かれた紙を渡していましたが、怒られているように感じたのかなかなか受け入れてもらえませんでした。そこでお年寄りを敬う気持ちが届くように願いを込めて『愛のお届けカード』と名付けたんです」

自宅を訪問 ひとりひとりにアドバイス

このカード、ただ配るだけでは終わりません。

原則2枚たまると警察官がお年寄りの自宅を訪問し、一人ひとりの生活習慣を聞いたうえで、気をつけてほしい道路などをアドバイスします。

「警察官が家に来たらお年寄りは驚きませんか?」。

現場の担当者に素朴な疑問をぶつけてみました。
(岡山西警察署 地域課 寺前達也巡査部長)
「案外、そうでもないんです。ことし8月には1人暮らしのおばあさんから『悪いことをしていたのに、家まで来て説明してくれてありがとう。ここまでしてくれたのなら、私も気をつけます』と言われてうれしかったです」

「事故に遭って欲しくない」

寺前さんが気をつけているのは、雑談を通じて人間関係を築くこと。

交通マナー以外にも、ふだんの生活で困っていることはないか積極的に話しかけます。

そして、必要に応じて地域の民生委員に連絡したり、市の担当課を紹介したりして支援につなげることもあるといいます。
(岡山西警察署 地域課 寺前達也巡査部長)
「お年寄りは人生経験が豊富で私よりも地域の事情に詳しく、尊敬する人たちばかりです。自分の祖父母と同じ年代ですし、事故に遭ってほしくない。だから『事故ゼロ』を目標に、お年寄りへの交通指導を続けていきたいと思います」

最初は「罰金を取られるのではないか」と心配されていたこのカードも、口コミなどで評判が広がりお年寄りに受け入れられているといいます。

カードと一緒に配られる反射材をつけてくれる人も増えてきました。

しかし、ことしに入ってから高齢者が犠牲になった自転車事故は9月20日時点で2件と、まだ完全に抑え込むことはできていません。

自転車事故をゼロにしたい。

地域を巻き込みながら地道な取り組みが続いています。