漁港で乗用車が海に転落 父親と兄弟の3人が死亡 三重 四日市

21日午後、三重県四日市市の漁港で乗用車が海に転落し、乗っていた男性3人が死亡しました。3人は津市に住む74歳の男性と、50歳の息子2人と確認され、警察は車が転落した原因などについて調べることにしています。

21日午後2時45分ごろ、四日市市楠町の磯津漁港で「車が海に落ちた」と近くで釣りをしていた男性から警察に通報がありました。

警察と消防によりますと、海の中に沈んでいた乗用車の後部座席から男性3人が救助され、市内の病院に搬送されましたがいずれも死亡しました。

その後の警察の調べで、死亡したのは津市白山町に住む74歳の男性と、男性の息子で50歳の双子の兄弟と確認されたということです。

警察は3人の死因を調べるとともに、今後車を海から引き上げて、転落した原因などについて調べることにしています。