イルカや海鳥を船から観察するツアー 北海道 別海町

北海道の別海町にある野付湾の外海で、イルカや海鳥を船から観察するツアーが行われました。

ツアーは野付湾に面する尾岱沼漁港発着で行われ、消毒や人数制限など感染症対策を行ったうえで、地元の人を中心におよそ20人が参加しました。

出発して20分ほどで、北方領土の国後島が目の前に広がる外海に到着すると、目の周りの白い模様が特徴的な絶滅危惧種の海鳥、ケイマフリが羽を休めている様子を見ることができました。

続いてカマイルカの群れが姿を現し、船に並んで泳いだりジャンプしたりすると、参加した人たちはカメラやスマートフォンで撮影していました。

ツアーに参加した別海町の男性は「思ったよりも海が穏やかで驚きました。イルカをじっくり見ることができてよかったです」と話していました。