NYダウ平均株価 一時970ドル余下落 中国金融市場への警戒感

20日のニューヨーク株式市場は、中国の不動産大手の経営悪化による影響への懸念が強まり、ダウ平均株価は一時、取り引き時間中ではことし最大の下落幅となる、970ドル余り値下がりしました。

週明け20日のニューヨーク株式市場は、中国の不動産大手「恒大グループ」の経営悪化の影響が中国経済や金融市場に広がることへの懸念が強まりました。

このため、取り引き開始直後から幅広い銘柄に売り注文が膨らみ、ダウ平均株価は一時、先週末に比べて970ドル余り値下がりして、取り引き時間中ではことし最大の下落幅となりました。

その後買い戻しの動きも出て、ダウ平均株価の終値は先週末に比べて614ドル41セント安い、3万3970ドル47セントとなりました。

市場関係者は「中国の恒大グループの経営悪化の影響がドル建ての社債を通じてどこまで広がるのか、不透明だという懸念が強まった。さらに中国の不動産業界や中国経済全体に打撃が広がると、世界経済が減速しかねないという警戒感も強まっている」と話しています。

また市場では、アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会の金融政策を決める会合が21日から開かれるため、去年3月から続けられてきた量的緩和の段階的な縮小の進め方が示されることへの警戒感も、売り注文につながったとみられています。