東京 青梅 多摩川で男性2人流され 1人死亡

20日夕方、東京 青梅市の多摩川で男性2人が流されていると通報があり、1人は救助されましたが、もう1人は1時間半後におよそ4キロ下流で見つかり、病院に運ばれましたが、死亡しました。

20日午後5時すぎ、青梅市御岳本町の多摩川で「男性2人が流されている」と消防などに通報がありました。

警視庁によりますと、流された2人のうち、1人は川の中にある岩にしがみついているところを救助されましたが、もう1人は1時間半後におよそ4キロ下流で見つかり、病院に運ばれましたが、死亡したということです。

現場付近は水の量が多く、流れが速かったということで、警視庁は2人の身元の確認を進めるとともに当時の状況を調べています。

警視庁によりますと、現場付近の多摩川では8月、川遊びに来ていた9歳の男の子が流されて死亡したほか、9月もカヌーに乗っていた男性が転覆して死亡するなど水難事故が相次いでいたということです。