荒川河川敷 男性が銃で撃たれる 殺人未遂疑いで捜査 埼玉 志木

19日朝、埼玉県志木市の荒川の河川敷で都内に住む50代の男性がけがをしているのが見つかり、銃で撃たれた傷があったことから、警察は、何者かが男性を殺害しようとしたとみて、殺人未遂の疑いで捜査しています。

警察によりますと、19日午前6時ごろ、志木市宗岡の荒川の河川敷で男性が血を流してうずくまっているのを通りかかった人が見つけ、消防に通報しました。消防が駆けつけた時、意識があったということで、病院に搬送されて手当てを受けています。

男性は、東京 練馬区に住む職業不詳の56歳の男性で、銃で撃たれた傷があったことから、警察は何者かが男性を殺害しようとしたとみて殺人未遂の疑いで捜査しています。

現場は、荒川にかかる秋ヶ瀬橋の南側の河川敷で、近くには野球場や運動場もあります。

警察は、犯人の特定を進めるとともに、付近の住民に対しては、家にいるときでも玄関や窓の鍵を閉めるよう、呼びかけています。