日本人の祖先 縄文弥生に加え 古墳時代に渡来の集団もルーツ?

縄文や弥生の時代に日本列島に渡ってきた人たちに加えて、その後の古墳時代になって大陸からやってきた集団とも交流が進むことで、現在の日本人の祖先が誕生した可能性のあることが、石川県などで出土した人骨のDNA分析から明らかになったと金沢大学などの研究グループが発表しました。

金沢大学などの研究グループは、富山市の「小竹貝塚」や金沢市の岩出横穴墓など、縄文時代から古墳時代にかけての6つの遺跡で出土した12体分の人骨の核DNAを分析しました。

その結果を北海道や九州などで見つかった縄文や弥生の時代の人骨、そして大陸で出土した人骨のDNAと比較したところ、日本列島の古人骨は、時代が新しくなるにつれて大陸の集団の持つ遺伝的な要素が強くなる傾向があることが分かったとしています。

これについて研究グループは、縄文人と呼ばれる人たちがまず日本列島に到達したあと、弥生時代に北東アジアから渡ってきた集団と、さらに、その後の古墳時代になって東アジアからやってきた集団と交流が進んでいくことによって現在の日本人の祖先が誕生した可能性があることが分かったとしています。

かつての定説では、現在の日本人は、もともと日本列島にいた縄文人と大陸から渡来した弥生人が交流して生まれたと説明されていましたが、研究グループは、少なくとも3つの異なるルーツを持つ集団について考える必要があるとみています。

金沢大学の覚張隆史助教は「考古学の研究者とも連携しながら、さまざまな通説の再検証に挑みたい」と話しています。