無罪確定の女性に滋賀県知事が謝罪 県が判決否定する主張

18年前、滋賀県東近江市の病院で患者が死亡したことをめぐり、再審=やり直しの裁判で無罪が確定した女性が、県などに損害賠償を求めている民事裁判で、県が「女性が患者を心肺停止にさせた」などとして、再審での無罪判決の内容を否定する主張をしたことについて、三日月知事は「極めて不適切な表現だった」と述べて女性に謝罪しました。

東近江市の湖東記念病院の看護助手だった西山美香さん(41)は、平成15年に入院患者が死亡したことをめぐり、殺人の罪で懲役12年の刑で服役したあと、去年、やり直しの裁判で無罪が確定しました。

西山さんは、滋賀県警などの不当な捜査で長期間拘束されたとして、滋賀県などに対し損害賠償を求める民事裁判を起こしています。

滋賀県は16日、大津地方裁判所で行われた非公開の進行協議で「患者を心肺停止状態に陥らせたのは西山さんだ」として、再審の無罪判決の内容を否定する主張をしました。

これについて三日月知事は17日、県庁で会見を開き、主張の内容を把握していなかったとしたうえで「無罪判決が確定しているにもかかわらず、西山さんが心肺停止にさせたと断定するかのような表現は、西山さんの心情を深く傷つける極めて不適切な表現で、心からおわびしたい」と、謝罪しました。

そのうえで三日月知事は、裁判所と調整して主張の内容を修正するとともに、今後の裁判では無罪判決が確定していることを踏まえたうえで、賠償責任の有無について争っていきたいとしています。