台風14号 九州北部に上陸へ 土砂災害に厳重警戒を

台風14号は、このあと九州北部に上陸する見込みで、その後、四国や近畿を横断しながら東へ進む見通しです。
西日本では風が強まり、四国や九州では局地的な大雨となっています。
土砂災害に厳重に警戒するとともに、暴風、高潮に警戒してください。

気象庁によりますと、台風14号は、午後6時には福岡市の北西30キロの海上を1時間に30キロの速さで東北東へ進んでいるとみられます。

中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の北東側390キロ以内と南西側330キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

この時間、九州のほぼ全域や中国地方と四国の一部が強風域に入り、西日本では風が強まっています。

▽午後4時すぎに佐賀市で33.5メートル
▽午後3時半ごろに長崎空港で32.4メートルの、
最大瞬間風速を観測しました。

四国には発達した雨雲が次々と流れ込んでいるほか、九州北部には台風本体の雨雲もかかり始めていて、断続的に激しい雨が降っています。

午後3時半までの1時間には、長崎県の対馬空港で50ミリの非常に激しい雨を観測しました。

高知県では、土砂災害の危険度が高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があるほか、長崎県では、氾濫危険水位を超えている川があります。

18日にかけ 広い範囲で大雨

台風は、このあと九州北部にかなり接近し上陸する見込みで、18日にかけて、四国や近畿を横断しながら東へ進む見通しです。

南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、台風から離れた場所でも雨雲が急に発達します。

また、北日本では日本海側から別の低気圧が前線を伴って通過する見込みで、18日にかけて、西日本から北日本の広い範囲で大雨となるおそれがあります。

18日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽四国で300ミリ
▽東海で250ミリ
▽近畿と関東甲信で200ミリ
▽東北と北海道で180ミリ
▽中国地方で150ミリ
▽九州北部で120ミリ
▽九州南部と北陸で100ミリ
と、予想されています。

四国の瀬戸内側や東北など、ふだん雨が少ない地域でも雨量が多くなるおそれがあります。

その後、19日夕方までの24時間に降る雨の量は、東海と関東甲信で100ミリから150ミリと予想されています。

暴風・高波・高潮も警戒

暴風や高波、高潮にも警戒が必要です。

18日にかけての最大風速は、
▽九州北部で25メートル
▽中国地方、四国、近畿で23メートル
▽九州南部、東海で20メートル

最大瞬間風速は、
▽九州北部、中国地方、四国、近畿で35メートル
▽九州南部、東海で30メートル
と、予想されています。

波も高く大しけとなる見込みです。

また、17日夜から18日にかけて、瀬戸内海に面する地域では潮位が高くなる時間帯と台風が近づく時間帯も重なるため、高潮に警戒が必要です。

台風が接近して風が強まってからでは、避難は危険です。

海岸付近や河口近くの低地では、早めの避難行動を心がけてください。

気象庁は、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水や川の増水、暴風、高波、それに高潮に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

都市部でも備えを 台風接近前から雨風強まる

台風は、九州から近畿、関東の南へと横断するように東へ進む見込みです。

崖の近くや川の近くに暮らす人、それに、お年寄りや体の不自由な人など、避難に時間がかかる人は、ハザードマップを見て地域の危険性を調べ、余裕を持って安全な場所へ移動できるよう準備を進めてください。

台風が接近する前に、地域の人どうしで声をかけ合ったり、離れて暮らす家族に電話をかけたりして、早めの避難ができるよう後押しすることも大切です。

また、今回は、西日本や東日本の都市部でも被害のおそれがあります。

早めに、風で飛ばされやすいものを建物の中に入れたり、停電に備えてスマートフォンの充電を済ませたりしておくようにしてください。

今から早めの備えを徹底し、不要不急の外出は避け、予定を見直すなど、安全を守る行動をとってください。