男子ゴルフ 国内ツアー初日 南アフリカのクルーガー首位

男子ゴルフの国内ツアーの大会は、北海道で第1ラウンドが行われ、南アフリカのジェイブ・クルーガー選手が7アンダーで単独首位に立ちました。

クルーガー選手はイーグル1つ、バーディー5つで7アンダーをマークし、単独首位に立ちました。

1打差の2位に、時松隆光選手と池村寛世選手がつけ、さらに1打差の4位に岩田寛選手ら9人が並びました。

東京オリンピック代表で賞金ランキング1位の星野陸也選手と石川遼選手は、首位から3打差の4アンダーで13位でした。

前の週で優勝した今平周吾選手は3アンダーで22位でした。