住宅3棟が全焼 焼け跡の住宅から2人の遺体 埼玉 川口

15日夜、埼玉県川口市で住宅3棟が全焼する火事があり、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。
火事のあと、親子2人と連絡が取れなくなっていて、警察は身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べています。

15日午後11時ごろ、川口市里で火事があり隣接する住宅あわせて3棟が全焼しました。

警察と消防が16日午前、現場を調べた結果、焼け跡から、2人の遺体が見つかったということです。

警察によりますと全焼した3棟の住宅のうち1棟に住む82歳の母親と58歳の息子の2人と連絡が取れなくなっているということです。

このほか、70代の男性も足にやけどを負って病院に搬送されましたが、命に別状はないということです。

現場は、埼玉高速鉄道の鳩ヶ谷駅から北西に300メートルほど離れた住宅街で、警察は、2人の身元の確認を進めるとともに、火事の原因を調べています。