北朝鮮キム・ヨジョン氏 韓国非難 文大統領がSLBM発射立ち会い

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記の妹のキム・ヨジョン(金与正)氏が談話を発表し、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領がSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルの発射実験に立ち会ったことについて「対応する行動をとることになるだろうし、そうなれば南との関係は完全な破壊へと突っ走るだろう」と強く非難しました。

北朝鮮のキム・ジョンウン総書記の妹のヨジョン氏は、15日夜、国営の朝鮮中央通信を通じて談話を発表しました。

このなかで、韓国のムン・ジェイン大統領が15日、SLBMの発射実験に立ち会い「北の挑発に対する確実な抑止力になりうる」と述べたことについて「大統領まで出てきて言いがかりをつけるならば、対応する行動をとることになるだろうし、そうなれば南との関係は完全な破壊へと突っ走るだろう」と強く非難しました。

そのうえで、北朝鮮によるこのところのミサイル発射などを念頭に「われわれの行動を脅威だとするのは非論理的で愚かだ。正常で自衛のための活動だ」と正当化しました。

ただ、ヨジョン氏はみずから言及した韓国との関係の「完全な破壊」について「われわれはそれを望んでいない」とも述べ、関係がこれ以上悪化することは避けたいという考えも示しました。