大相撲秋場所 5日目の見どころ

大相撲秋場所は5日目、新横綱・照ノ富士は好調の平幕、霧馬山と4連勝どうしの対戦です。

秋場所は新横綱の照ノ富士が落ち着いた相撲で白星を重ね、三役以上ではただ1人4連勝としています。

照ノ富士は5日目の16日、前頭2枚目の霧馬山と対戦します。

安定感のある横綱が立ち合いから組み止めれば、断然、優位に立ちます。

一方、霧馬山は、今場所いずれも三役以上の力士を破って初日から4連勝と好調です。

頭をつけて、照ノ富士からまわしを遠ざけながら攻め続けて見せ場を作りたいところです。

初日黒星のあと3連勝と持ち直した大関・正代は前頭3枚目の若隆景と対戦します。

正代は、低い姿勢で下からあてがいながら攻めてくる若隆景にこのところ3連敗しています。

苦手な相手とはいえ、新横綱の独走を許さないためにも白星を挙げて大関の貫禄を示したいところです。

4日目にしてようやく初日が出た角番の大関・貴景勝は、23歳の若手、琴ノ若の挑戦を受けます。

貴景勝は今場所、持ち味の低く鋭い立ち合いの威力を欠いて苦しい土俵が続いていますが、角番脱出のためには、勝ち星を積み上げるしかありません。

琴ノ若は、初めての大関挑戦で、若手らしく思い切って前に出る相撲が期待されます。