英議会 中国大使の議事堂への立ち入り禁止方針 人権問題めぐり

新疆ウイグル自治区の人権問題などをめぐり、イギリスと中国の関係が悪化する中、イギリス議会の上下両院の議長は、中国によるイギリスの議員への制裁に対して、中国の大使が議会議事堂に立ち入ることを禁止する方針を示しました。

イギリスのメディアなどによりますと、ロンドンに駐在する中国の鄭沢光大使は、15日にイギリス議会議事堂の敷地内で予定されていたレセプションに招待されていましたが、ホイル下院議長とマクフォール上院議長は、大使が議事堂に立ち入るのを禁止する方針を示したということです。

中国はことし3月、新疆ウイグル自治区の人権問題をめぐって、イギリスが自治区の当局者の資産を凍結したことなどへの対抗措置として、イギリス議会の議員らに対し中国への渡航を禁止するなどの制裁を科しています。

イギリスのホイル下院議長は、地元メディアに対し、議員に制裁が科されているときに、中国の大使が議事堂で開かれる会合に参加するのは適切ではないという考えを示しました。

今回の問題は、新疆ウイグル自治区や香港などをめぐるイギリスと中国の関係悪化を改めて示した形です。

中国 外務省報道官「絶対に容認できない」

これについて中国外務省の趙立堅報道官は15日の記者会見で「中国は、強烈に非難する。今後、必要な対応をせざるをえなくなるだろう。中国はこれまでも核心的利益を損なういかなる言動に対しても反撃してきており、絶対に容認することはない」と述べ、対抗措置も辞さないとする姿勢を示しました。

そして「イギリス議会には誤った決定を直ちに取り消し、個々の議員の言動を抑制するよう求める」と述べました。