トヨタの販売会社 本人の同意得ずに個人情報を目的外使用

トヨタ自動車は、直営や系列の販売会社で、アンケートなどに記入された顧客の個人情報を本人の同意がないにもかかわらず別の目的で使うという不適切な対応があったことを明らかにしました。

発表によりますと、個人情報の目的外の使用が明らかになったのは、トヨタ自動車の直営や系列の販売会社27社です。

これらの会社では、顧客がアンケートや車を注文する際の書類に記入した名前や生年月日、住所といった個人情報について、本人の同意がないにもかかわらず、トヨタの会員制ウェブサイトの登録に使っていました。

こうした不適切な対応は5797人分にのぼるということです。

8月も9つの販売会社で3318人分の個人情報が同じように目的外で使われていたことが明らかになっていて、トヨタは販売会社が、会員制ウェブサイトの登録者数を目標の水準まで増やそうとしていたことが背景にあるとみています。

外部への情報流出はなく、サーバーに保管された情報はすでに削除したということで、今後は顧客の同意がなければ会員登録ができないよう、システムを改修するとしています。

トヨタは「お客様にはご迷惑、ご心配をおかけしたことを心より深くおわび申し上げます」とコメントしています。