イスラエル首相とエジプト大統領 パレスチナ問題などで協議

イスラエルのベネット首相は訪問先のエジプトでシシ大統領と会談し、パレスチナ問題などについて協議しました。

イスラエルのベネット首相は、イスラエルの首相としては10年ぶりにエジプトを公式訪問し、13日、東部のシャルムエルシェイクでシシ大統領と会談してパレスチナ問題などについて協議しました。

パレスチナ情勢をめぐっては、ことし5月に起きたイスラエルとイスラム原理主義組織ハマスの武力衝突に対し、エジプトが仲介に入ることで停戦が実現しました。

ただ、この数日の間にも、ハマスがイスラエルにロケット弾を撃ち込んだのに対し、イスラエルがガザ地区を空爆するなど緊張が続いています。

エジプト大統領府によりますと、会談でシシ大統領は「ガザ地区での停戦と平和を実現させ、経済的な支援も続ける」と述べ、ベネット首相もエジプトの関与に期待を示したということです。

両国としては、イスラエルの首相が10年ぶりにエジプトを公式訪問して首脳会談を行ったことをアピールすることで、パレスチナ情勢の安定化につなげたいねらいがあるものとみられます。