関東で震度3 “異常震域”か 震源は東海道南方沖深さ450キロ

14日朝8時前、東海道南方沖の非常に深い場所を震源とする地震があり、関東で震度3の揺れを観測したほか、東北から九州にかけての広い範囲で震度2や1の揺れを観測しました。
気象庁は、震源が非常に深かったため、離れた地域にも揺れが伝わる「異常震域」と呼ばれる現象が起きたとみています。

気象庁によりますと、14日午前7時46分ごろ、東海道南方沖でマグニチュード6.2の地震があり、震度3の揺れを東京・千代田区、茨城県の笠間市と取手市、それに栃木県の鹿沼市と高根沢町で観測しました。

このほか、震度2と1の揺れを東北と関東甲信越、静岡県、それに鹿児島県の広い範囲で観測しました。

この地震による津波はありません。

震度3の揺れを観測した関東地方は、今回の地震の震源から300キロ余り離れていますが、気象庁によりますと、今回のような現象は「異常震域」と呼ばれるということです。

この地震は、太平洋側の東から日本列島の下に沈み込んでいる「太平洋プレート」の非常に深いところで起きましたが、堅いプレートの内部では地震の揺れが弱まらずに伝わりやすいため、関東や東北などでも揺れが観測されたということです。

「異常震域」に伴う揺れはたびたび観測されていて、おととし7月に三重県南東沖で起きた地震では、震源から500キロ以上離れた宮城県で震度4の揺れを観測しました。

“異常震域”で広範囲に揺れか

今回の地震について、東京大学地震研究所の古村孝志教授は「震源が深く、太平洋の東から日本列島の下に沈み込んでいる『太平洋プレート』の内部で起きた地震だとみられる。このような地震は“異常震域”と呼ばれ、沈む込むプレートの内部を伝わり、揺れが遠くまで伝わったとみられる」と指摘しています。

そのうえで「“異常震域”の場合、地震波の伝わり方によって、揺れが長くなりやすく小刻みな揺れになるので人が感じやすい特徴がある」と話していました。