日米豪印の枠組み「クアッド」首脳会合 対面で初 24日に開催へ

アメリカ・ホワイトハウスは、日本、オーストラリア、それにインドとの4か国でつくる「クアッド」と呼ばれる枠組みで初めてとなる対面での首脳会合を今月24日に開くと発表しました。
日本からは菅総理大臣を招待するとしています。

アメリカ・ホワイトハウスのサキ報道官は13日、声明を発表し、日本とアメリカ、オーストラリア、それにインドの4か国の「クアッド」と呼ばれる枠組みで初めてとなる対面での首脳会合を今月24日に首都ワシントンで開催すると明らかにしました。

日本からは菅総理大臣を招待するとしています。

アメリカのバイデン政権は中国に対抗していくうえで「クアッド」の枠組みを重視していて、声明では「首脳会合はバイデン政権が21世紀の課題に向き合うために新たな多国間の枠組みを通じたインド太平洋地域への関わりを重視していることを示している」としています。

そのうえで、会合では「新型コロナウイルス対策や、気候変動による危機への対応、新たな技術やサイバー分野での連携、そして自由で開かれたインド太平洋の促進に焦点を当てることになる」としています。

「クアッド」の枠組みでは、これまで外相レベルの会合が行われてきましたが、バイデン政権になって首脳レベルに格上げされ、ことし3月、オンラインでの初の首脳会合が開催されました。