将棋 藤井聡太三冠 来月から「四冠」かけ竜王戦七番勝負

13日に将棋の八大タイトルの1つ「叡王戦」を制し、史上最年少で三冠を達成した藤井聡太さん(19)は、来月から竜王戦の七番勝負に挑みます。
現在の棋士で最多となる「四冠」を史上最年少で達成するか注目されます。

13日に行われた「叡王戦」五番勝負の最終局で、「王位」と「棋聖」の二冠の藤井さんは、「叡王」と「竜王」の二冠、豊島将之さん(31)を破って史上最年少の「19歳1か月」で三冠を達成し、羽生善治さん(50)が「22歳3か月」で達成した三冠の最年少記録を28年ぶりに塗り替えました。

藤井さんは13日夜の会見で、八大タイトルを独占する「八冠」への思いを聞かれ「全冠制覇は、現時点では全く意識することではないと思いますが、ひとつの理想ではあります。そのために、より実力を高め、八冠に近づきたい」と話し、今後の意気込みを語りました。

藤井さんは、来月からの竜王戦の七番勝負でも「王位戦」「叡王戦」と同じ、豊島さんとの対戦が決まっていて、ここでもタイトルを奪い、現在の棋士で最多となる「四冠」を史上最年少で達成するか、注目されます。

第1局は、来月8日と9日、東京で行われます。