ビルの解体工事現場で3人が体調不良を訴え搬送 1人死亡 福岡

13日夕方、福岡市博多区で解体作業をしていた作業員が体調不良を訴えて3人が病院に搬送され、このうち1人の死亡が確認されました。
現場の状況などから、一酸化炭素中毒の疑いもあるとみて、警察と消防が詳しい状況を調べています。

一酸化炭素中毒の疑いも

13日午後4時40分ごろ、福岡市博多区博多駅東3丁目のビルの解体工事現場から「休憩所で70代の男性が倒れた」と消防に通報がありました。

消防によりますと、いずれも作業員で、70代の男性2人、20代の男性1人の合わせて3人が、福岡市内の病院に搬送されました。

警察によりますと、このうち70代の男性1人の死亡が確認され、ほかの2人は命に別状はないということです。
現場の状況などから一酸化炭素中毒の疑いもあるとみて、警察と消防が詳しい状況を調べています。

現場は、JR博多駅から500メートルほどのところにあるビルが建ち並ぶ地域で、消防や警察が規制線を張って現場周辺への立ち入りを規制しています。