トイレで出産し赤ちゃん殺害などの罪 元大学生起訴内容認める

おととし、トイレで出産した直後に赤ちゃんを殺害し、東京都心の公園に埋めたとして殺人などの罪に問われている元大学生の初公判が開かれ、元大学生は「間違いないです」と起訴された内容を認めました。

神戸市の元大学生、北井小由里被告(23歳)はおととし11月、就職活動のため上京した際に羽田空港のトイレで出産したばかりの赤ちゃんの口にトイレットペーパーを詰めたうえで首を絞めて殺害し、その後、東京 港区の公園に埋めたとして殺人と死体遺棄の罪に問われています。

東京地方裁判所で開かれた初公判で、北井被告は「間違いないです」と小さな声で述べ、起訴された内容を認めました。
検察は冒頭陳述で「アルバイト先の客の子どもを妊娠し、母親に産婦人科に行くよう言われても拒否を続け、受診した際にはすでに中絶できる時期をすぎていた。犯行の翌日には就職活動の面接を受けていた」と述べました。

北井被告は弁護士の質問に対し「中絶できないと医師に言われ、何も知識がなかったのですごく怖かった。両親にショックを与えるのではないかと思い、相談する勇気が出なかった」と述べました。
また「この日に生まれるとは全く考えておらず、パニックになった。救急車を呼ぼうともしたが、気付いたらトイレットペーパーを口に詰めていた。どうすればいいか分からない不安や恐怖があった」と述べました。