所得隠し約7000万円脱税か 風俗店元代表を告発 東京国税局

川崎市で風俗店を経営する会社の元代表が、売り上げの一部を申告せずに所得を隠し、およそ7000万円を脱税したとして、東京国税局から告発されました。

告発されたのは、川崎市で風俗店を経営する「オフイスL」と「Dホールディングス」、それにオフイスLの国本哲樹元代表(49)です。

関係者によりますと国本元代表は、実質的に経営していた川崎市の風俗店の2店舗で店の経理担当者に売り上げの一部を除外したうその業務報告書を作成するよう指示し、所得を少なく見せかけた疑いがあるということです。

東京国税局査察部は、去年までの3年間に合わせて2億9000万円余りの所得を隠し、法人税などおよそ7000万円を脱税したとして、横浜地方検察庁に告発しました。

脱税で得た資金は高級外車の購入などに充てていたということです。

NHKの取材に対し国本元代表は、代理人を通じて「国税局からの指摘を真摯(しんし)に受け止め、すでに修正申告を行い納付も済ませました」とコメントしています。