テニス 全米オープン ジョコビッチ敗れ年間グランドスラム逃す

テニスの全米オープンの男子シングルスの決勝で、セルビアのノバク・ジョコビッチ選手が、ロシアのダニール・メドベージェフ選手にセットカウント0対3のストレートで敗れ、同じ年に四大大会すべてを制覇する年間グランドスラム達成を逃しました。

テニスの四大大会の1つ、全米オープンは12日、ニューヨークで男子シングルスの決勝が行われ、世界ランキング1位のジョコビッチ選手は世界2位のメドベージェフ選手と対戦しました。

ことし、ここまで行われた3つの四大大会で優勝していたジョコビッチ選手は、この試合に勝てば男子シングルスで史上3人目となる年間グランドスラム達成でしたが、第1セットを4-6で失うと、第2セットと第3セットも4-6で落として、セットカウント0対3のストレートで敗れ、準優勝でした。

勝ったメドベージェフ選手は、四大大会初優勝です。