大リーグ 大谷 4試合連続ヒット ゲレーロJr. 44号で大谷に並ぶ

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手は12日のアストロズ戦で4試合連続となるヒットを打ちました。

大谷選手は12日、相手の本拠地ヒューストンで行われたアストロズ戦に2番・指名打者で先発出場しました。

1回の第1打席はフォアボール、3回の第2打席でセカンドゴロに倒れたあと、5回の第3打席は変化球を打ってファーストゴロとなりました。

8回の第4打席は1アウト一塁の場面でアウトコースの変化球を引っ張ってライト前にヒットを打ち、4試合連続ヒットとなりました。

このヒットでチャンスが広がりましたが、後続のバッターが打ち取られ得点にはつながりませんでした。

大谷選手はこの試合3打数1安打フォアボールが1つで、打率は2割5分9厘となりました。

試合はエンジェルスが1対3で敗れました。

ホームラン王争い ゲレーロJr.が44号で大谷に並ぶ

ブルージェイズのゲレーロJr.選手が12日のオリオールズ戦で今シーズン44号のホームランを打ち、ホームラン王争いでトップに立つ大谷翔平選手に並びました。

大谷選手は同じ日のアストロズ戦でホームランがなく、アメリカンリーグのホームラン王争いで2人は44本で並びました。

ゲレーロJr.選手は今月の12試合で5本目のホームランとバッティングが好調で打率も3割1分9厘でリーグトップ、打点も102で3位と三冠王も視野に入っています。

アメリカンリーグのホームラン王争いは大谷選手とゲレーロJr.選手の2人をロイヤルズのペレス選手が42本で追っています。