北朝鮮 新開発の長距離巡航ミサイルの発射実験に成功と発表

北朝鮮は新たに開発した長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと13日朝、発表しました。「1500キロ先の目標に命中した」としていて、各国はミサイルの詳細について分析を進めています。

13日付けの北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、12日までの2日間、国防科学院が新たに開発した長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと伝えました。

ミサイルが落下した場所は明らかにしていませんが「わが国の領土と領海の上空に設定された、だ円や8の字の軌道に沿って、2時間6分20秒飛行し、1500キロ先の目標に命中した」としています。

労働新聞に掲載された写真には、ミサイルがオレンジ色の炎をあげながら移動式の発射台から発射され、飛行していく様子が写っています。

発射にはキム・ジョンウン(金正恩)総書記は立ち会わなかったとみられます。

北朝鮮は「国防科学の発展や兵器システム開発の5か年計画の重点目標達成で大きな意義を持つ」として、この2年間計画を推し進めてきたとしています。

今回の発射についてアメリカのインド太平洋軍は「北朝鮮が引き続き軍事的な計画を進めることに注力し、近隣諸国や国際社会への脅威であることを示している」とする声明を出しました。

また、韓国軍の合同参謀本部は13日午前の定例会見で「韓国とアメリカの情報当局間の緊密な協力のもとで分析中だ」と述べました。

北朝鮮をめぐっては、日本とアメリカ、韓国で北朝鮮問題を担当する政府高官が今週、東京で会談する予定で、北朝鮮の非核化のほかミサイル開発への対応も協議することになりそうです。

ミサイル発射は3月以来

北朝鮮のミサイル発射は、ことし3月以来です。

韓国軍の関係者によりますと、3月21日に西部のピョンアン(平安)南道オンチョン(温泉)付近から巡航ミサイルと推定される2発が発射されたということです。

当時、アメリカのバイデン大統領は記者団から「挑発だと思うか」と聞かれ「そうは思わない。彼らのやったことに何も新しいことはない」と述べ、新たな挑発とは捉えていないという認識を示しました。

また、3月25日には北朝鮮東部のハムギョン(咸鏡)南道ハムジュ(咸州)付近から日本海に向けて弾道ミサイル2発が発射されました。

その翌日、北朝鮮は国営メディアを通じて「新型戦術誘導弾」の発射実験を行い、朝鮮半島から東に600キロの日本海上の目標を正確に打撃したと発表していました。

このとき、バイデン大統領は弾道ミサイルの発射を禁じた国連安全保障理事会の決議に違反すると批判しました。

その後、安保理はアメリカの要請に基づいて緊急会合を開き発射を非難する議長国声明を出しましたが、制裁の実施などの対応をめぐっては意見が分かれました。

アメリカ軍「状況を監視し、同盟国などと緊密に協議」

アメリカのインド太平洋軍は12日、声明を発表し「われわれは状況を監視し、同盟国などと緊密に協議している。今回の活動は北朝鮮が引き続き軍事的な計画を進めることに注力し、近隣諸国や国際社会への脅威であることを示している。日本と韓国の防衛に対するアメリカの関与は確固たるものだ」としています。

加藤官房長官「懸念を有する 米韓と連携し情報収集」

加藤官房長官は午前の記者会見で「1500キロを航行するミサイルの発射が事実とすれば、日本を取り巻く地域の平和と安全を脅かすものであり、日本としては懸念を有しているところだ」と述べました。

そのうえで「北朝鮮の軍事行動については引き続き、アメリカや韓国とともに緊密に連携をしながら、必要な情報の収集、分析、警戒監視を行っていく。さらに、防衛大綱や中期防=中期防衛力整備計画のもとで、あらゆる空からの脅威に対処し、わが国の国土を防護する能力『総合ミサイル防空能力』の強化を進めていく」と述べました。

一方、加藤官房長官は、日本のEEZ=排他的経済水域などへの飛来は確認されていないと明らかにしました。

ミサイル防衛の現状は

日本の脅威となるミサイルは、大きく分けて、
▽放物線を描いて飛ぶ弾道ミサイルと、
▽飛行機のように水平に飛ぶ巡航ミサイルの、
2種類があります。

このうち弾道ミサイルは、一般的に巡航ミサイルより射程が長くスピードが速いのが特徴で、急角度かつ高速で落下するため、迎撃するには極めて精度の高いシステムが必要とされています。

北朝鮮が、
▽SLBM=潜水艦発射弾道ミサイルや、
▽ICBM=大陸間弾道ミサイルなどの、
発射実験を繰り返したことから、日本政府は弾道ミサイルをより差し迫った脅威と捉え、イージス艦や地上配備型の迎撃ミサイル、PAC3などによる「弾道ミサイル防衛システム」の整備を急いできました。

一方、この間、巡航ミサイルは高速化や長射程化が進んできました。

巡航ミサイルは低い高度で飛ぶため、そもそもレーダーで捉えるのが難しく、日本に近づいてからでないと対処が難しいという特徴があります。

さらに、中国やロシアは、超高速のものや、よりレーダーで捉えづらいステルス性のものなど、より防御が難しい新たな巡航ミサイルを開発しているとされています。

そして今回、北朝鮮は、発射実験に成功した巡航ミサイルが「1500キロ先の目標に命中した」と発表しましたが、1500キロの飛行が可能だとすると、日本のほぼ全土が射程圏に入ることになります。

海上自衛隊で司令官を務めた元海将の香田洋二さんは「弾道ミサイル防衛だけではなく、巡航ミサイルを想定した対空能力を強化する必要がある」と指摘しています。

自衛隊 元空将・元海将の分析

航空自衛隊で司令官を務めた元空将の永岩俊道さんは「弾道ミサイルと違って北朝鮮の巡航ミサイルについては十分な情報がなく、信ぴょう性を含めて評価が難しい」と話しています。

そのうえで、伝えられた内容が事実だとした場合の日本などへの影響については「1500キロ飛行できる能力があるとすれば東京まで届くことになり、相手の脅威の圏外からピンポイントで重要目標を攻撃できる『スタンドオフ攻撃能力』として、戦術的に有効なミサイルと言えるだろう。巡航ミサイルは一般的には速度は遅いものの超低空を飛行し、精密に誘導することが可能なためレーダーでの探知も難しく、脅威になる。ミサイルの性能などについて分析を進めることが急務だ」と指摘しています。

また、海上自衛隊で司令官を務めた元海将の香田洋二さんは「1500キロという飛行距離をみると、明らかに朝鮮半島ではなく日本に焦点をあてたもので、日本や在日アメリカ軍にとって新たな脅威となり、軍事的な意味は大きい。また、巡航ミサイルは弾道ミサイルと違って、地表や海面の近くを飛行するため探知するのが難しく、近くに迫ってきてからの防御にならざるをえない。守るのが難しい脅威が実用化されつつあると捉えるべきだ」と話しています。

一方、このミサイルに核弾頭が搭載される可能性については「公開された写真を見るかぎり、この形状のミサイルを1500キロ飛ばすには弾頭をかなり小さくする必要があり、現在の北朝鮮の技術では核弾頭を搭載するのは難しいだろう」としたうえで「決して過小評価することなく、今回のミサイルの性能やこの先どのような変化が予測されるのかを、正確かつ迅速に見積もる必要がある」と指摘しています。