103年ぶり快挙なるか 大谷翔平の次回先発は日本時間18日以降に

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手の10勝目がかかる次の先発登板について、マッドン監督は日本時間の18日から行われるアスレティックスとの3連戦以降になる考えを明かしました。ローテーション通りなら日本時間18日の試合の先発が予想されます。

大谷選手はここまでピッチャーとして9勝、バッターとしては大リーグトップのホームラン44本を打っていて、次の先発登板で勝ち投手になればベーブ・ルース以来、103年ぶりとなる「ふた桁勝利、ふた桁ホームラン」の快挙を達成します。

エンジェルスのマッドン監督は日本時間13日の試合前の記者会見で、日本時間15日からのホワイトソックスとの3連戦には大谷選手が先発登板しない考えを明らかにしました。

このため、大谷選手の次回の登板は日本時間18日から本拠地のアナハイムで行われるアスレティックスとの3連戦以降となり、ローテーション通りなら日本時間18日の試合の先発が予想されます。

大谷選手はヒューストンで行われた前回のアストロズ戦では4回途中6失点を喫してピッチャーとしての連勝が8で止まり、ことし5月以来の今シーズン2敗目を喫しました。

一方、次の先発登板が予想される本拠地、アナハイムのマウンドでは、今シーズン6勝0敗、防御率1.99と相性のよさを見せていて、今シーズン22回目となる先発マウンドで大リーグの歴史に残る快挙達成に挑みます。