電車内に“灯油のような臭いの液体” 田園都市線 運行に影響

12日夜、東急田園都市線の下り列車で車両の床に灯油のような臭いのする液体がこぼれているのが見つかり、東急電鉄では安全確認のため、この列車の乗客を降ろすなど影響が出ました。

東急電鉄によりますと12日夜9時半ごろ、東急田園都市線の東京から神奈川県に向かう下り列車の乗客から「電車の車内で灯油の臭いがした」と駅員に申し出がありました。

この車両を駅員が確認したところ、床に灯油のような臭いがする液体があるのが確認されたということで、東急電鉄では川崎市の溝の口駅でこの列車の乗客をすべて降ろす対応をとり、運行に一時、影響が出ました。

東急電鉄によりますとこの車両に乗っていた人で体調不良を訴えている人はいないということです。

東急電鉄が列車を横浜市内の車庫に移し、車両に設置された防犯カメラを確認したところ、乗客が床に置いたバッグから液体がしみ出すように漏れる様子が映っていたということです。

東急電鉄では警察とともに引き続き液体や車両の確認を進めることにしています。