大相撲秋場所2日目 新横綱 照ノ富士は豊昇龍と対戦

大相撲秋場所は2日目、新横綱として初日に白星をあげた照ノ富士は、平幕の豊昇龍と対戦します。

秋場所は、新型コロナウイルスに感染した力士と同じ宮城野部屋の横綱・白鵬が休場する中、新横綱・照ノ富士に一人横綱として場所を引っ張る活躍が期待されます。

初日を順調に白星でスタートした照ノ富士は、2日目は前頭筆頭に番付を上げたモンゴル出身の後輩、豊昇龍の挑戦を受けます。

初対戦となったことし5月の夏場所では照ノ富士が寄り切りで勝っています。

この相撲と同様に立ち合いから踏み込んで組み止めれば、横綱が断然優位です。

豊昇龍としては初日に大関・正代を破った勢いに乗り、先手先手で動き回って、勝機を見いだしたいところです。

一方、初日に黒星を喫した大関・正代は大関経験者の小結 高安と対戦します。

過去の対戦成績は正代の13勝9敗です。

大関として存在感を見せたい正代と、大関復帰を目標に掲げる高安の好取組が期待されます。

もうひとりの大関で角番の貴景勝も初日に敗れ、2日目は前頭2枚目の霧馬山と対戦します。

この1年の4回の対戦はすべて貴景勝が勝っています。

貴景勝は先場所痛めた首のけがの影響が気がかりで、頭からぶちかまして突き放していけるかが勝負のカギを握りそうです。