車いすテニス 国枝が2年連続の優勝 上地は準優勝 全米オープン

テニスの四大大会、全米オープンの車いすの部の男子シングルスで東京パラリンピック、金メダリストの国枝慎吾選手が2年連続8回目の優勝を果たしました。

東京パラリンピックの男子シングルスで2大会ぶり3回目の金メダルを獲得した国枝選手は12日、ニューヨークで行われた全米オープンの決勝で世界ランキング2位、イギリスのアルフィー・ヒューウェット選手と対戦しました。

試合は第1セット、国枝選手がベースライン付近から下がらず強打を左右に打ち分け終始、攻撃的なプレーを展開し、6-1で取ると、第2セットも6ー4で奪いセットカウント2対0で勝って2年連続8回目の優勝を果たしました。

国枝選手は四大大会のシングルスでの優勝回数を「25」に伸ばしました。

一方、女子シングルスの決勝では上地結衣選手が、東京パラリンピックの決勝で敗れた世界1位でオランダのディーデ・デフロート選手と対戦し、第1セットを3ー6、第2セットを2-6で失い、セットカウント0対2のストレート負けで準優勝でした。

勝ったデフロート選手はことし行われたすべての四大大会と、パラリンピックで優勝し「ゴールデンスラム」を達成しました。