露 非常事態相が男性救助しようとして死亡 プーチン氏哀悼の意

ロシアのジニチェフ非常事態相が北極圏で行われていた訓練中に、水中に転落した男性を救助しようとして亡くなったと発表され、告別式にはプーチン大統領も参列して哀悼の意をささげました。

ロシア政府はジニチェフ非常事態相(55)が今月8日に、北極圏にあるノリリスクで訓練を視察した際、男性を救助しようとして亡くなったと発表しました。

ロシアのメディアは当時、ドキュメンタリー映画を撮影するため同行していた監督の男性が足を滑らせて水中に転落したため、ジニチェフ氏が助けようと飛び込んだものの2人とも死亡したと伝えています。

プーチン大統領はジニチェフ氏に英雄の称号を与えるとともに、モスクワで10日に行われた告別式に参列し、ひつぎに額をあてるなどして哀悼の意をささげました。

メディアによりますとジニチェフ氏はプーチン大統領と同様に治安機関の出身で大統領の警護を担当したこともあり、3年前から非常事態相をつとめていました。